土夜の摩天楼

愛に溺れてオーバードーズ

私とクスリとToxicLove .






時は29回目。




決して危ない記事ではございませんがある意味閲覧注意*1かも知れません。
くすりの由来はこちら ↓
私の中の「中間淳太」とは - 土夜の摩天楼








淳太くんは欲張りな人にはぴったりだ。
淳太くんは飽き性な人にはぴったりだ。
誰もが満足いくスペックに安定も刺激も全部手に入る。


安定+刺激=不倫や浮気
平凡な幸せの有り難みも、在り来りな日常へのスパイスをも
淳太くんが精神安定剤になる時もあれば逆に刺激を浴びることもある。
無いとしんどいし過剰摂取し過ぎてもしんどい。













2次元のような何不自由ないスペック持ってる淳太くん。でも一方で運動ボロボロだったり不器用でモテないキャラでビビりっていう人間らしいかわいさも持ってる。そりゃあどこかの誰かさんみたいに弄って反応を楽しみたくもなる。
初期のなにわぶ誌が大体ねえねえ!からはじまる構ってちゃんなところとかウミウシ見たさに1人で興奮したりメルヘンなこと言ってはメンバーに呆れられて信じてもらえないところとか今日で29歳の最年長には見えない。


淳太くんはキャラというか元々持ってる引き出しがありすぎて本当に飽きない。本気で24色じゅんじゅんあるんじゃないか。
実際ヒルナンデスでも豊富な持ち味が重宝されていて(英語、激辛、不器用、クイズ王、奥さんキャラ、真面目などなど)これだけキャラあると凄い番組側も助かると思うしどれも中途半端じゃなくて徹底した振り切れた個性だから視聴者側もどんな人か掴みやすいと思う。
でもこんなにいっぱいあるのにそれぞれが疎かにならないでちゃんと生かされてるからすごい。キャラ貧乏になってない。自慢の自担です。







淳太くんを見ているとちょっと過保護なお母さんになったキブンになります。私のどこかに眠った母性を擽ってきて。ちょっと危なっかしいんだけど何でも全力に取り組んでくれて、褒めたら素直に喜ぶし嘘つかないまっすぐな子だから可愛いしずっと見ていたくなる。
もぎ関で披露した年上女性に甘える「だっこ♡」の声が可愛くて!何かする度に褒めてデロッデロに甘やかしてみたい。
ヒルナンデスはもう完全に親心で見ています。大ヨコヤマクッキングは親子料理番組にしか見えません。
淳太くんは母性擽るのが上手だから奥さんキラーキャラ合ってると思うしヒルナンデス本人も楽しそうにやってるから微笑ましい!
完璧だけど可愛いとこあるやん?


素直な淳太くんのことを素直に信じてあげられるから疑心暗鬼にならず安心して応援できる。ありのままの姿を好きでいられる。












淳太くんはいつも新しい形のアイドルを見せてくれる。想像を遥かに超えてきて驚きに飢えることは無い日々。飽きない。
そんなことアイドルが言っちゃって大丈夫なの!?っていうキワキワの所まで。たまに不安になるくらい。
私達なんてただのファンなのに!そんなことまで言わんでもいいのに!淳太くんがピュアすぎてあくどい自分が恥ずかしくなるくらい。

前代未聞でオープンなアイドル。

TAMER俗にオタク狩りソングの作詞。他メンバーと比べ踏み込んだ斬新ななにわぶ誌。前も触れたけど生放送でヤラセについて 相談だとか脇に育毛剤だとか。ラジオで来年までに彼女作ってみせる宣言したり。
良いも悪いもズケズケ言うし気持ちいいくらいに好きも嫌いもハッキリしてる人。

危なかっしくて見てるこっちがドキドキするような、なんかゾックゾクするし弄ばれてる気分になって。まるで気分はスリルな恋を求める女の子。










健気に頑張ってる姿を見ると淳太くんの努力、頑張ってるとこぜーーんぶ私がわかってあげる!って言ってあげたくなるし応援したくなる。
あざとさとピュアさのアンバランスさが愛おしくなる。


少年のような可愛さを弾けさせたかと思えば突然ハラハラさせるから掴みきれなくって気になっちゃうし追いかけたくなる。私の心を掻き乱す。欲張りだけど安定も刺激も程よい具合に
「中毒性」がある。
でもどちらも原材料はピュア。






クスリが無くなったら、手に入らなくなったら私はどうなるのだろうか。
効能が変わってしまったり、有害な副作用が出てしまったら??はたまた私に効かなくなってしまったら…?












「もう好きでいられない」って言いかけた唇を塞いで、どうかどうかずーっとステージの上で輝き続けてくださいね?














苦みに隠された甘みを見つける快楽。
一度踏み入れてしまったら二度と抜け出すことは許されないキケンな中毒性。
病みつきになる刺激を罪な貴方と。












いつまで(も)貴方を好きで居られるかな、?


*1:誕生日だから許してほしい血迷いポエムみを帯びた記事のため